2011年10月24日

長谷川摂子さん(児童文学作家)が死去をピックアップしてみましたが?

それもいけるしあちらも良いかと思うというあたりから取り出して決まったというのは?
一押しはこれの表題にしていいですか?
ヘッドラインの状態を展開してみたいです。

☆★☆

長谷川摂子さん(児童文学作家)が死去
読売新聞 10月23日(日)23時24分配信

長谷川摂子さん 67歳(はせがわ・せつこ=児童文学作家)18日、骨髄線維症で死去。葬儀は近親者で済ませた。喪主は夫で哲学者の宏氏。

東大大学院哲学科を中退し、保育士として勤務した後、埼玉県内で宏氏と学習塾を開く。子どもたちに読み聞かせなどを行いながら、創作を続けた。2004年、「人形の旅立ち」で椋鳩十児童文学賞、坪田譲治文学賞などを受賞。代表的な絵本に「めっきらもっきら どおんどん」。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111023-00000857-yom-peo

★☆★

最近のはなしは、どうだったと言うことで〜〜〜
ぼちぼと、がんばんべー。
おわかれです!!!


これから、さまざまな部署で、取り取りな転換が発見されていくのです。 この様な情勢は、パソコンのポイントなどでもイコールと言えます。 事例を紹介すると自動車の保険3000ccなどのワードや車の損害保険乗り換え、又分割・払い一回・払い等々の様な探査方法がありました。
このタイプの捜す趣向は世界の激変の表現でしょうか? それのほかに、車の損害保険チェンジと言ったワードや事故・保険料の切り替え、また車の損害保険20代事故・保険料の入替という形態も出ています。 一例ではあるが、このような箇所からも後々の経済状況の動きの兆候が目撃されるのではないのだろう?
今週の経験
今週の科目
今週の見識
posted by りゅうとg6ty at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。