2011年10月29日

梅若吉之丞氏(観世流能楽師)が死去とするときゃはは?

今週の報告って?
最近はこんなの題材にしましたね・・・
梅若吉之丞氏(観世流能楽師)が死去とするときゃはは? について探ってヘッドラインも浅ましいですよね。

☆★☆

梅若吉之丞氏(観世流能楽師)が死去
読売新聞 10月29日(土)0時26分配信

梅若吉之丞氏 73歳(うめわか・きちのじょう、本名・盛義=のりよし=観世流能楽師)28日、胆のうがんで死去。告別式は11月1日午後0時30分、兵庫県宝塚市売布東の町15の14宝塚平安祭典会館。喪主は次男、猶義(なおよし)氏。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111028-00001324-yom-peo

★☆★

さくじつの連鎖がこんにちで、この一瞬の繋がりが明日なんだって・・・
さあ、ぽちぽちいきましょう。
雨曇りか、晴天か、なんだかんだ行こうってね。


当世、未来の行く末を読み分ける見立ては嫌に面倒になって来るでしょう。 このような傾向は、フェースブックの流通過程などでも同様です。 例を上げると、買取り・見積りと言うワードや一括・査定、又現金化・カード金融現金化・キャッシングとうとう打ち込むピッチが多くなっていきます。
この調べる傾向は流行の動きの表れでしょうか? そのほか、現在では現金化・高還元率などのワードや現金化・方法、さらにクレジットカードの現金化現金化・法人名義カードなどなども調べる頻度が加速して来ることでしょう。 事例ではあるが、こう言うところから今後の社会の異変の形勢が見受けるのではないかと考えます。
今週の研修
今週の学識
今週の一歩
posted by りゅうとg6ty at 17:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。